トップ

妊活中はおなかを冷やさない

妊活を本気で始めようとお考えの方は、妊活の正しい情報を手に入れることが必要です。冷えが、体に良くないことは多くの方がご存知のことだと思いますが、これは妊活中の方にも同じように言えることです。冷えをそのままにしていると、妊娠しにくい体になってしまうからです。

子宮は、赤ちゃんを育て守ってくれる場所。良い状態の子宮は、たくさん血液が流れており暖かさが保たれています。血液の中には、大切な栄養が含まれています。子宮は、栄養を得て、要らないものを排出します。

しかし血行が悪いと、子宮までもが暖かさをキープできなくなってしまいますから、上手く機能しなくなります。その為、せっかく受精できたのに着床できなかったり、着床できてもそれを維持できなくなったりします。流産してしまうこともあるのです。ですから、妊活中の方は冷え対策を真剣にする必要があるのです。

また冷えが続いていると、今度は卵巣も冷えてくることが考えられます。冷えてしまった卵巣は、卵子を作りだすことが難しくなります。それに、卵子そのものも冷えに弱い性質がありますから、やはり冷えを放置しておいてはいけないのです。

更に、冷えはホルモンバランスの乱れにも繋がります。ホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンの減少にも繋がり、その結果生殖機能も下がってしまいます。不妊症でお悩みの女性の中には、おなかが冷えている方が多く見られます。

妊活中の方は、生活全般を見直してとにかく冷えないように工夫しましょう。体を温めてくれる食事を摂ったり、おなかを冷やさないようなアイテムを使ったりするのも良いでしょう。適度な運動を取り入れて、お風呂にゆっくりと浸かって芯から温まるようにしてみてください。